舌苔(ぜったい)の正しいケアの仕方とは?

舌苔(ぜったい)とは?

 

人の舌の表面には舌乳頭と呼ばれる、繊細な突起が無数にあります。ベロを出す女性

そこに食べカスや、古くなった細胞壁などがたまり

細菌やカビの仲間などが繁殖します。

その結果として、舌の表面に白っぽい膜のようなものが形成されますが

これが舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので、口臭ガスの発生源になります。

 

舌苔の状態は一日の中で様々に変化しており、健康な人でも舌苔は必ずありますが

慢性的な緊張状態や不安状態にある人や、何かしらの疾患を抱えている人などは

分厚い舌苔を形成している場合が多々あります。親子

 

慢性胃炎など消化器系疾患のある人は濃い灰白色になりやすく

歯周病や喫煙習慣のある人は黄色の舌苔が付着しやすくなります

(ただし、舌苔が多いからといって必ずしも病気とは限りません)

 

とても繊細な舌乳頭と味蕾細胞

 

舌乳頭は抗菌作用のある唾液を舌の表面に溜めておく役割を果たしていますが

舌磨きをすると、舌頭乳は非常に繊細なため、簡単に破壊されてしまいます。

舌乳頭がなくなってしまうと、舌の表面に唾液を溜めておくことができなくなるため

舌は乾燥しやすくなり、細菌も舌の上でどんどん増殖します。

すると、分厚い舌苔が形成されて、それが強い口臭の原因になってしまいます。

 

マスコミなどは商品の宣伝のために、舌磨きを大々的に推奨していますがお医者さん

舌磨きの習慣を身につけてしまうとキリのない口臭対策のイタチゴッコ

陥ってしまうことにもなるのです。

 

また、乳頭上には味蕾(みらい)という味覚細胞がありますが

これも舌磨きによって簡単に破壊されてしまいますので

舌磨きの習慣は、将来的に急激な味覚低下を引き起こす懸念があります。

 

・・・では、舌苔の付着を防ぎ、口臭の発生を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

舌苔の正しいケアの仕方

 

まずは食事の後は、舌をお茶や水で洗い流し、食べカスの大きなものをあらかじめ除去します。

そして、口の中に唾液をたっぷりと溜めて、舌を動かしながら唾液で舌の表面を洗ってやります。

こうした習慣を身につけることによって、意識的に唾液を分泌させる能力が高まり

また、舌を活発に動かすため、舌の血流が良くなり、舌苔がつきにくくなります。

 

舌苔はこすって落とそうとするより、自分の唾液で浄化するという意識を持ちましょう。

そうした意識と習慣を持つことが、舌苔の予防だけでなく、虫歯や歯周病の予防

その他、全身の様々な病気を予防することにつながります。

(どうしても舌苔が気になる方にはこちらの商品がおすすめです) 

 

 舌苔の色や様子からの病状判断

お医者さん

 

人それぞれ、その時々の状態によってかなり個人差はありますが

舌苔(ぜったい)の様子で、大まかな病気の診断ができます。

 

病的口臭に結びつきやすい舌苔の特徴

 

分厚い灰白色で、おおむね舌表面粘膜はまったく見えなくなる。

濃い黄色や褐色の状態が長く続いている。

表面は粘稠性を帯びていることが多い。

 

 考えられる主な症状
・慢性的な耳鼻科的問題(鼻炎、蓄膿症など)
・口腔内疾患や消化器疾患 (胃潰瘍、逆流性食道炎など)
・代謝系慢性疾患(糖尿病、肝硬変、がんなど)
・重度の虫歯、歯槽膿漏など

上記のような舌苔の場合は、疾患が主な原因になりますので

歯科・耳鼻科・内科などを受診して、口臭ではなく、根本的な疾患の解決を目指しましょう。

 

病的要因の口臭対策について

 

 

病気ではないが、慢性的素因や習慣要因が疑われる舌苔

 

分厚い灰白色とまではいかない舌苔の状態が長く続く。

考えられる状況
・粘膜が過敏な人(アレルギー素因)を持つ人。
・ヘビースモーカー
・口呼吸習慣のある人 (軽度の鼻炎、慢性的な不安状態など)
・慢性的な緊張状態にある人(舌をいつも上あごに張り付けている人)

この場合は、精神的安定、口腔内緊張緩和、口腔内乾燥の解消を目指しながら

生活習慣的要因を段階的に改善していくことが大切です。

 

生理的要因の口臭対策について

 

 

最後に

 

心が繊細で優しい人は、どうしてもストレスに弱く

本来の生理的機能を低下させてしまった結果として様々な問題を抱えてしまいます。

ですが、自然状態で生活している、ストレスの少ない社会では

口臭の問題はあまり起こらないそうです。

その理由は、原始社会生活を営む民族では、大きな声を出すことや、歌うことなどが

日常的な生活上の情報伝達手段になっているから。

 

できるだけ素直に、大きな声で笑ったり、泣いたり、ひたすら舌や口を動かし続けると

口臭の問題は自然と解決します。

普段の生活に多少の野生を取り戻しながら、大きな声でしゃべるとか、しっかり咀嚼するとか

舌の奥の筋肉も機能させてやりましょう。

健康的な舌を持つ動物や小さな子供たちをよく観察して、見習うようにすると良いかもしれません。

 

健康な家族

TOPに戻る

 

口臭対策グッズBEST10

口臭改善プログラム


ブレスコントロールセミナー

サプリ特集