口臭の防止対策 四ヵ条とは?

病気は口臭の元。口臭は病気のサイン。

 

人にとって不快な口臭が発生する根本的な原因
嫌気性細菌が活発化するところにあります。

嫌気性細菌の活動を抑え、口臭を減らすためには
以下のことに気を配るようにすると早期の改善が期待できます。

 

ストレスや緊張状態の緩和

 

何かとストレスを感じてしまうような環境に居続けると
自律神経に乱れが生じて、嫌気性細菌の活動が盛んになります。

 

疲労、体調不良の改善

 

疲れているときや、病気などが原因で心身が弱っているとき
嫌気性細菌はその活動を強めます。

 

薬やビタミン剤、サプリメントなどの過剰摂取を避ける

 

過剰な化学物質の摂取は、体内の代謝や生理的活動に大きな影響を与え
結果として嫌気性細菌の増殖を促します。

できるだけ普段の食生活に気を配るよう心がけましょう。

 

就寝時の環境や呼吸の改善

 

睡眠中は嫌気性細菌が活発化しやすいため
寝起き後の口臭はどうしても強くなりがちです。

これを防ぐためには就寝の環境を整えるほか
睡眠時の呼吸を改善することが有効になります。

 

具体的にはマスクをして寝ることや、加湿器を用いて
口内の乾燥を防ぐことなどが挙げられます。

 

 

コメントを残す