Q.どうして食後は口臭が消えるのですか?

相談員の人サムネイル画像

 

病的な原因による口臭持ちでなければ

食中や食後のしばらくは、自分も他人も口臭を感じるようなことは

基本的には無くなるはずです。

 

もちろん、にんにくたっぷりの餃子とか

そういったニオイの強い食べ物を食べている時には

それなりに口臭を感じることにはなりますが

普通の食事で口臭が強くなるようなことはまずありえないんですね。

 

ほとんど口臭は消えていると思います。

 

それがなぜかというと、その理由は

食中、食後は唾液がもっとも多量に分泌されるタイミングだからです。

 

6f8c831360c4415943149f4113974e14_m

 

唾液は食品の消化のためであったり、(食事によって)酸性に傾いた

口腔内を中性に保つためとしても分泌されています。

 

そのため食後しばらくは多量の唾液が分泌され続けて

口臭も減少することになるというわけです。

 

ですが、食後すぐに歯磨き粉を使った歯磨きをすると

せっかくの唾液の分泌を止めてしまうことになりますので

そういった習慣が強化されていくことで

唾液の分泌力が弱くなってしまう可能性があります。

 

そうなると、口臭が発生しやすくもなってしまいますので

自然な唾液の分泌を出来るだけ止めないように

食後すぐの歯磨きはやめるなどして

少しずつ従来の習慣を変えていきましょう。

 

どうしても口の中が気になるという方は

デンタルフロスや爪楊枝などを利用して

口腔内をケアするか、もしくはガムを噛むのがオススメです。

 

今のこの話について当サイトのメール講座では

もう少し詳しく説明しています。

 

口腔ケア用の人気グッズランキングは←こちらのページを

参考にしてみてください。

 

 

お口の健康を大切に

コメントを残す