口臭の根本的な解決を図るための具体的方法

病気は口臭の元。口臭は病気のサイン。

 

人にとって不快な口臭が発生する根本的な原因
嫌気性細菌が活発化するところにあります。

嫌気性細菌の活動を抑え、口臭を減らすためには
以下のことに気を配るようにすると早期の改善が期待できます。

 

ストレスや緊張状態の緩和

 

何かとストレスを感じてしまうような環境に居続けると
自律神経に乱れが生じて、嫌気性細菌の活動が盛んになります。

 

疲労、体調不良の改善

 

疲れているときや、病気などが原因で心身が弱っているとき
嫌気性細菌はその活動を強めます。

 

薬やビタミン剤、サプリメントなどの過剰摂取を避ける

 

過剰な化学物質の摂取は、体内の代謝や生理的活動に大きな影響を与え
結果として嫌気性細菌の増殖を促します。

できるだけ普段の食生活に気を配るよう心がけましょう。

 

就寝時の環境や呼吸の改善

 

睡眠中は嫌気性細菌が活発化しやすいため
寝起き後の口臭はどうしても強くなりがちです。

これを防ぐためには就寝の環境を整えるほか
睡眠時の呼吸を改善することが有効になります。

 

具体的にはマスクをして寝ることや、加湿器を用いて
口内の乾燥を防ぐことなどが挙げられます。

 

 

Q.マスクをした時のニオイが気になります。他の人も同じですか?

 

A.マスクをすると、誰でも何かしらのニオイを感じることはあります。

それはマスク自体のニオイということもありますし

マスクのニオイと自分の口臭のニオイが混ざり合うことで

普段は分からない自分の口臭を感じるということもあります。

 

マスクの悩みを解決してくれる人

 

自分の口臭というものは、自分では分かりづらいのですが

マスクの中で自分のニオイとマスクのニオイとが結びついて

違うニオイになることによって、口臭を感じてしまうわけです。

 

でも、それは誰にでもあることで、あまり神経質になる必要はありません。

だいたい人間である以上、人それぞれに匂いがあるのは当たり前

神経質になればなるほど、口臭が強くなりますので気をつけましょう。

 

どうしてもマスクをした時のニオイが気になってしまうのなら

不織布マスクではなく、ガーゼタイプのマスクを使用すると良いでしょう。

また、ガムを噛んでいれば、香料が鼻に抜けて匂いを感じません。

 

ガーゼタイプのマスクには、おしゃれなタイプのマスクも多く

マスクをつけることが楽しくなるかもしれませんね。

おしゃれマスク特集サイトもありますので

マスク選びの参考にしてみてください。

 

長時間マスクをつける必要性があるのでしたら

マスク用のアロマスプレーも重宝すると思います。

アロマの消臭効果でマスクをつけたときの匂いを感じなくなります。

 

 

ちなみに風邪をひいたり、鼻咽喉部や内臓などに何かしらの疾患がある際には

誰であってもそれなりに口臭が発生します。

マスクをしている人(他人)の口臭が気になるという人がいますが

そういった方は、マスクをしているから臭いのではなく

何かしらの疾患の影響で口臭が発生しているのであって

エチケットとしてマスクをしているのですから

配慮すること、理解してあげることが、こちら側のエチケットです。

(マスクをしていなければ、おそらくもっと臭いを感じることになるでしょう)

そういった病的要因による口臭を、他の人に悟られたくない方は

活性炭フィルター入りのマスクを利用すると良いでしょう。

活性炭が口臭を吸着してくれるので、ニオイが外にもれにくくなります。

価格もそれほど高くはありませんのでおすすめです。

 

口臭に敏感な方は化学物質過敏症という方も少なくありません。

そういった方に人気のあるマスクもご紹介しておきます。

こちらは価格は高めですが、評判の良いマスクです。

 

 

なお、マスクをしたときのニオイに神経質になる必要はありませんが

エチケットとして自分の口臭をなくす努力をすることは大切です。

詳しくは当サイトの無料メール講座でも説明していますが、

生活習慣を効果的に改善していくことで、

次第に不快となるような口臭はなくなっていきますよ♪